無料ビザ審査 - 24年5月31日まで!

                            2024年5月31日まで無料ビザ審査 - シンガポールの夢を解き放とう!

における生活への旅
シンガポールはここから始まる

ビザの種類 シンガポール

東南アジアを代表する金融・ビジネスの中心地であるシンガポールは、その開かれた移民政策により、世界中から投資家や外国人人材を惹きつけ続けています。起業家や社会人が合法的にシンガポールに滞在するにはどうすればよいのでしょうか?シンガポールの就労ビザ制度にはどのようなものがあるのでしょうか?見てみましょう。

について ONEパス は2023年に導入され、シンガポールに高度な技術や才能を持つグローバル人材を誘致することを目的としています。 このワークパスはグローバル・タレント・ビザの一種で、複数の雇用主のもとで柔軟に働き、シンガポールで事業を運営することができます。主な基準は以下をご覧ください:

テック・パスとは、シンガポールの新しいワーク・パス・スキームである。 イーディービー)は、革新的な技術アイデアを紹介し、実行するために、確立された技術リーダー、専門家、起業家がシンガポールに来ることを許可している。シンガポールの活気ある技術経済に貢献するため、外国の技術専門家や技術人材を誘致することを目的としている。

就労ビザ シンガポール

について EPまたはエンプロイメント・パス は、シンガポールで生計を立てる熟練した従業員や会社員に与えられる主な種類の労働許可証です。最低でも$5,000の固定月給が必要で、企業が発行できるEPの数を制限する公式な割り当て制度がないのが良い点です。

特別なタイプのエンプロイメント・パス 個人用エンプロイメント・パス(PEPこの就労ビザの最大の利点は、失業期間が6ヶ月以内であれば、再申請することなく雇用主を変更できることである。このタイプの就労ビザを持つ最大のメリットは、失業期間が6ヶ月以内であれば、新しい就労ビザを再申請することなく雇用主を変更できることです。しかし、このシンガポールの就労ビザを持つ個人は自分の会社を立ち上げることはできず、政府は資格要件にかなり厳しい。

シンガポール移民コンサルタントによる起業家パスサービス - One Visa

について アントレパス は、シンガポールで新たに設立された会社のオーナーが、事業を運営するためにシンガポールに移転することを希望する場合に発給されるビザです。

Sパス技術者

について Sパス は、少なくとも$3,000SGDの収入を得る中熟練者向けです。このタイプのシンガポール就労ビザの申請は、企業の割り当て資格と申請者の資格に基づいています。

シンガポール・テック・パス

PEP、EP、Sパスで就労する駐在員、アントレパスで就労する起業家、投資家、アーティスト、永住権保持者やシンガポール市民の配偶者や子供、シンガポール市民の高齢の両親などです。それぞれの制度には特定の要件があります:

シンガポール法人設立 は、スタッフの再配置、税務計画、利用可能な事業体の1つ内での事務処理など、適切な戦略を練った後、ACRAに事業登録する簡単な手続きです。わずか1SGDをポケットに入れれば、1日で会社を設立することができます!シンガポール政府の努力とそのプロフェッショナルなビジネス姿勢のおかげで、シンガポール法人設立手続きは合理化され、汚職やお役所仕事を一掃するために近代化されました。しかし、手続きが簡単になったとはいえ、考慮すべき要素がたくさんあるため、安易に行うべきではありません。だからこそ、あなたの決断には専門家のアドバイスが不可欠であり、有能なアシストが必要なのです。

シンガポール労働許可証
 

労働許可証はシンガポールの労働パスで、承認された国の半熟練または非熟練労働者がシンガポールの特定の部門で働くことを許可するものです。企業の分野に応じて、この外国人従業員を雇用するための一定の枠が与えられます。

jaJapanese
今すぐ無料オンライン・ビザ診断を受ける - あなたのプロフィールを基にビザ取得の資格を調べましょう。

今すぐ無料ビザ審査を受けてください!

シンガポールへの旅の鍵を開けよう-専門家とあなたのビザの資格を評価しよう。

無料査定!

× Whatsapp Now!