無料ビザ審査 - 24年4月30日まで!

                            2024年4月30日まで無料ビザ審査 - シンガポールの夢を解き放とう!

シンガポールの経済
なぜシンガポールに?

南シナ海とインド洋に挟まれたアジア太平洋の小さな点が、1963年に英国から独立して以来、第三世界から世界経済ランキングの最上位へと大躍進を遂げた。1980年代から1990年代半ばにかけて見せた、信じられないほど強力な進歩への熱意と急速な投資転換により、シンガポール経済は「虎」と呼ばれた。今日では、世界で最も裕福な国のひとつである:シンガポールの一人当たりGDP(購買力平価)は世界第3位である(2014年、国際通貨基金と世界銀行による)。親ビジネス、誠実な統治、アジアで最も汚職の少ない国であることから、シンガポールは世界最高の投資ポテンシャルを誇り、競争力のあるグローバル・ビジネスの中心地となった。

シンガポール経済の特徴

貿易主導型経済

何十年もの間、同国は化学製品、電子機器、石油製品、輸送機器、通信機器、食料品などの活発かつ信頼できる輸出国であったが、新世紀に入り、同国はその優先順位と機会を再考し、開発・研究、財政、医療、生物医学にも舵を切った。低税率と開放的な貿易慣行により、同国は世界の投資家の忠誠心を獲得し、活気ある新興企業のハブに変貌した。

シンガポールは、かつての首都圏国家(英国)や欧州連合(EU)を含む戦略的貿易相手国と20以上の「自由貿易」二国間協定を結んでいる。2011年の「貿易対GDP」比率は4対1で、世界最高を誇っている。2014年、シンガポールの貿易総額は9,820億SGDに達した。マレーシアはシンガポールにとって最大の貿易相手国であり、輸入元でもある。その他の活発な貿易相手国は、中国、インドネシア、日本、香港、韓国、米国、EUである。

シンガポールはエントレポット貿易に積極的に参加しており、原材料を購入し、精製して再輸出している。シンガポールは水製造においてアジアのリーダーであるため、環境関連企業にとって完璧なビジネス目的地である。すでに水を専門とする企業が180社以上あり、海水淡水化の技術革新やより効果的な下水道システムの開発に投資している。シンガポールがアジアのリーダーであるもうひとつの事業が石油精製である。同国にはすでに石油を貯蔵する巨大な施設があり、近い将来その拡張を目指している。

シンガポールは貿易に関する書類作成が非常にシンプルなことで有名です。シンガポールの税関は、輸出入書類の取り扱いにTradexchangeと呼ばれる電子システムを使用しています。

コンスタントな投資フロー

物価が高いにもかかわらず、シンガポールはますます多くの投資を誘致している。米国はエレクトロニクス、化学、石油精製などの分野でシンガポールの主要投資国である。1999年、米国企業の投資総額は200億ドルに達した。税金の安さ、汚職率の低さ、効果的なインフラによって、3,000社以上の国際企業がシンガポールに誘致された。シンガポールは中国、マレーシア、香港、そしてアメリカにも積極的に投資している。

政府自身が主導的な投資ポジションをとっている。2つの政府系ファンド(テマセク・ホールディングスとGIC Pte Ltd)を所有し、当初は経済の戦略的分野(公共交通、メディア、海運、銀行、防衛、空港など)の管理を目的としていたが、後に商業活動に方向転換した。政府系企業は民間企業と同じ条件で運営され、特別な特権を享受することはない。2014年、テマセクはシンガポールの資産の690億SGD以上を保有していた。

金融専門家

シンガポールのGDPの4分の1は、保険、再保険、資産運用、外国為替、貿易、仲裁など、専門的な金融サービスの提供によるものだ。シンガポールはアジア太平洋地域の強力な銀行拠点であり、117の外資系銀行が拠点を置くアジア第3位の金融センターです。シンガポールは、消費者金融から保険、投資業務まで、競争力のあるさまざまな銀行サービスを提供しています。富裕層顧客の利益に忠実なシンガポールは、「アジアのスイス」と呼ばれるにふさわしい。シンガポールは、投資家や預金者の個人情報の開示を義務づけるEU租税指令(2005年)に署名していない。

外国人への依存度の低下

シンガポールは何十年もの間、外国人労働者に依存してきたが、今日、政府は生産性を向上させることで、このような依存を減らすべく、合理的ではあるが懸命な努力をしている。外国人の雇用を規制する政策は厳しくなり、一部の就労ビザ(例えば Sパス または 労働許可証)は現在、すべての外国人従業員に割り当てと強制徴収を課している。人力資源省は労働許可証の発給をより厳しくしており、給与基準やその他の給与に依存する基準を常に引き上げている。

政府は、高学歴でやる気のある地元の人材に賭けている。国の優先課題は、知識主導型の競争力のある経済を構築し、現地の人材の専門性を高め、今日の経済の課題に備えることである。この目的のため、政府は競争力のある知識を共有できる最も専門的な外国人を歓迎している。外国人のために3つのサブクラスの就労ビザが開発された。 就職パス.このビザを取得するための必須条件は、シンガポールを拠点とする企業に専門レベルに見合った給与(ただし3,300SGD以下)で雇用され、シンガポール経済が必要とする価値ある知識や技能を持っていることです。

遺産と政治情勢

シンガポールの政治情勢は非常に安定している。1959年以来同じ政党(人民行動党)が統治し、同時にオープンでビジネス・フレンドリーで発展した国を想像してみてほしい。政府と議会に対する信頼度は非常に高く、そのような安定性が外国からの投資を引き寄せている。一方、当局はビジネスに優しい貿易・経済政策に忠実であり、共同投資イニシアティブや快適な税制という形で、ビジネスに具体的な支援を示している。

シンガポールは法律の執行が非常に強力ですが、すべての規制は透明で公正です。シンガポールの法制度はイギリスのコモンローに基づいている。アジアで最も犯罪率と汚職率が低い国であり、もちろん法律に違反しなければ、当局との取引は楽しいものです。外国企業は、専門的な紛争解決とアジア最高(世界で#2)の知的財産保護の恩恵を受けています。

場合によっては、西側諸国からの移民にとって、法律的な雰囲気がかなり息苦しいかもしれない。特に、禁止事項に関しては非常に深刻に受け止められている(たとえば、使用後にトイレを流さなかった場合、罰金が科せられることがある)。

創造的で革新的なアプローチ

創造性はシンガポール人の最も得意とするところではないため、政府は世界的な競争力を維持するために、意識的に経済面でそれを抑えている。シンガポールは、大胆な実験と革新に取り組んでいる。だからこそ、競争力が高く、成功したシステムを作り上げることができたのだ。 ヘルスケア.シンガポールは、アジア太平洋地域全体の象徴となるべく、クリエイティブな環境デザインと建築(その主なアトラクションはまさに伝説的だ)、マスメディア、ビジュアル・コミュニケーション、ファッション、ソフトウェア・デザイン、知的財産保護、コンテンツに投資している。

シンガポールは生物医学の最新技術をテストし、適用しています。シンガポールの医療システムの有効性は世界第6位であり、毎年何千人もの医療ツーリストが効果的な治療を求めて訪れている。同時に、シンガポールの年間医療費は「第一世界」の中でも最も低く、わずか3.9%(比較のため、米国は8%以上、英国は7.6%)である。研究分野では、シンガポールのクリニックはマサチューセッツ総合病院やペンシルバニア大学メディカルセンターといった世界トップクラスの医療センターと連携している。

個人貯蓄

シンガポールは、国民が自ら貯蓄に励むことで、退職金や医療費の支出を抑えている。中央積立基金(Central Provident Fund)により、被雇用者は毎月の強制拠出(通常、給与の7~9%)を通じて、基金の個人口座に貯蓄することができる。同基金には3つの「ポケット」がある:Medisave(医療と老後のため)、MediShield(保険)、MediFund(特別なニーズ)である。

積み立てた金額に応じて、本人や扶養家族(親族)が負担の少ない国庫補助を選んで治療を受けることができる。ただし、タダで医療サービスを受けられるわけではなく、たとえ公的施設で治療を受ける場合でも、一定の割合を自己負担しなければならない。このようなアプローチは、公共施設を過剰利用から守り、健康に対する個人の経済的責任を理解することから生まれる健康的なライフスタイルを促進する。

シンガポール進出のメリット

経営のしやすさ
世界銀行の報告書(2014年)によると、SGは最も起業・経営がしやすい場所と評価されている。外国人が私的有限会社を設立できる最低資本金はわずか1シンガポール・ドルであり、外国人持ち株比率は制限されていない(外国人持ち株比率は100%まで可能)。 シンガポールで設立される会社のほとんどは私的有限会社として登録され、株主の責任は設立当初の払込資本金に限定されます。この事業形態は、会社の債務や法的問題が発生した場合に株主の個人資産を保護し、事業拡大、不動産購入、融資、投資、所有者変更などの可能な限り幅広い機会を提供します。私的有限会社はシンガポール政府によって優遇されているため、シンガポール政府は法人税率を大幅に引き下げることができる税制優遇措置やリベートを提供しています。

税金が安い

より多くの投資を誘致するため、シンガポールはビジネス・フレンドリーな税制を維持している。シンガポールの法人税率は17%と、世界でも最低水準にある。しかし、この数字でさえも主に紙の上にとどまっている。新規企業は、その活動の最初の数年間、さまざまな税制上の優遇措置やインセンティブを受けることができるからだ。

シンガポールの個人所得税は、世界でも最低水準にある。税率は0%から徐々に上がり、32万SGDを超える収入については20%が上限となる。個人の所得に対する課税は、その個人がシンガポールの税務上の居住者であるかどうかによっても異なります。居住者とみなされるには(現地人として課税されるには)、外国人は年間183日以上シンガポールに滞在/就労する必要があります。滞在日数が少ない場合は、一律15%が課税されます。

シンガポールのGST(付加価値税)は7%に設定されており、これは地球上で最も低い税率のひとつである。シンガポールは世界の多くの国と二重課税回避協定を結んでいるため、シンガポールでビジネスを立ち上げる外国人起業家は二重課税を恐れる必要はありません。また、シンガポールではキャピタルゲインと配当課税が課されない。キャピタルゲインは法人レベルで課税されるため、株主は配当金を非課税で受け取ることができます。死亡税や相続税もありません。

ビジネス英語

英語はシンガポールの経済・ビジネス規制の公用語であり、世界の主要先進国との取引を容易にしている。教育水準が高く、英語を話す現地の人材は、ビジネスの成長に大きなチャンスを与えてくれます。

意欲的で教育熱心な現地スタッフ

シンガポールは教育を戦略的なものと位置づけ、国内の人材を育成し競争力を維持するために多額の資金を費やしている。同国は大学院教育への支出を倍増させ、年間10億SGD以上にする計画だ。

一流のインフラ

シンガポールのインフラ部門は、国のイノベーションに対する情熱が見られる場所である。国家は資金を惜しむことなく、インフラへの投資を惜しみなく行い、インフラを最も重要な卓越した分野の一つとして位置づけている。2020年までに、シンガポールはインフラへの投資を50%増やす計画だ。シンガポールは、より良い道路や自動車だけでなく、光や廃棄物の管理、革新的な自律走行車のための道路建設、公共サービスの提供者と消費者の間のコミュニケーションを改善するためのモバイルアプリケーションの開発にも投資している。

シンガポール人の多くが利用する公共交通機関は信頼性が高く、安全で、清潔に保たれている。シンガポール各地を結ぶ高速鉄道(MRT)は常に更新されている。2030年までに全長を360kmに延ばし、2020年までにリニューアルする計画だ。

シンガポールで最も大胆かつ革新的なインフラ・プロジェクトは、数年連続で地球上で最高の空港として脚光を浴びたチャンギ空港である。チャンギ空港は、シンガポールとアジア太平洋地域の110以上の都市、そして世界の300以上の空港を結び、世界中のビジネスに貢献しています。シンガポールは空港に誇りを持ち、多くの資金を投じて空港内に多くの革新的なプロジェクトを実現し、訪れる人々の期待に応えようとしている。庭園風の内装、壮大なデザイン、快適な施設(プール、無料の映画館、高さ12メートルの滑り台)。すべてのターミナルは、利便性向上のために常に改装・拡張されている。

シンガポールはまた、東アジア地域の貿易を容易にする世界で2番目に忙しい海港を誇っている。シンガポールの港は地球上で最も忙しい積み替え港であり、地球上の輸送コンテナの5分の1を積み替えています。67のバースを持つこの港は、シンガポールのビジネスと世界600以上の港(120カ国以上)を結んでいる。整備された港を持つことは、土地や天然資源に乏しい小さなシンガポールにとって必要不可欠なことなのだ。

集中ロケーション

シンガポールは西と東の航路が交差する場所にあり、世界人口のほぼ50%に簡単にアクセスできる。

シンガポールは、EUよりもはるかに大きく、6億2,000万人以上のアジア人が住むASEAN(東南アジア諸国連合)という経済圏に属している。そしてシンガポールは、この巨大で将来性の高いアジア市場で主導的な地位を占めている。そのため、世界の大手小売業者や有力企業がシンガポールに店舗を構えたり、子会社や駐在員事務所、支店を開設したりしています。巨大な「メトロポリタン」企業(ロールス・ロイス、バークレイズ、シェル、スタンダード・チャータードなど)は、すでにシンガポールの経済的メリットを高く評価し、地域事業をシンガポールに移している。

高い信用力

3大格付け会社(スタンダード・アンド・プアーズ、フィッチ、ムーディーズ)は、シンガポールに最高ランクのAAAを与えた。これは、シンガポール人とシンガポール企業の信用力が非常に高いと評価されたことを意味する。

シンガポールは開放経済であるため、世界貿易のあらゆる動向を鏡のように反映する。そのため、世界的な景気後退の影響を受けやすい。例えば、2013/14年の世界経済の停滞過程は、シンガポールのGDPの上下動に影響を与えた。より安定した状況では、シンガポールのGDPは年間3-4%成長すると予想されている。現在、シンガポールのGDPは世界第36位で、3070億米ドルを超えている。一人当たりのGDP(5万6,000米ドル以上)は、シンガポールの旧首都(英国)を上回っている。

シンガポール経済は、勤勉で献身的な労働力、賢明な資源管理、ビジネスへの熱意、そして政府主導の革新性と投資の稀有な組み合わせである。まるで虎のように、シンガポール経済は半世紀足らずの間に第三世界から第一世界へと大躍進を遂げ、一流のビジネスと貿易基準を磨き上げ、あらゆる面で世界の卓越した中心地へと変貌を遂げた。

jaJapanese
今すぐ無料オンライン・ビザ診断を受ける - あなたのプロフィールを基にビザ取得の資格を調べましょう。

今すぐ無料ビザ審査を受けてください!

シンガポールへの旅の鍵を開けよう-専門家とあなたのビザの資格を評価しよう。

無料査定!

× Whatsapp Now!