無料ビザ審査 - 24年4月30日まで!

                            2024年4月30日まで無料ビザ審査 - シンガポールの夢を解き放とう!

シンガポールで会社を登記するには?

会社設立 シンガポールプライベート・リミテッド・カンパニーの設立

新しいビジネスチャンスを求めて、シンガポールでの法人登記をお考えの外国人起業家または企業経営者の方はいらっしゃいませんか?もう迷うことはありません!シンガポールでの法人登記には、堅調な経済や有利な税制、アジアの中心に位置する戦略的立地など、数多くの利点があります。しかし、現地での会社登録手続きをナビゲートし、法的要件を遵守することは、特に外国人にとっては複雑です。この包括的な記事では、シンガポールの会社登録プロセス(最も一般的なビジネス構造の1つであるシンガポールの私的有限会社)をステップ・バイ・ステップでガイドし、自信を持ってビジネスの旅に出ることができるようにします。

ステップ1: シンガポール法人登記シンガポール会社の要件を理解する

外国人起業家として、シンガポールで私的有限会社を設立する場合、以下の要件をよく理解することが極めて重要です。 シンガポール会社登記.これには、シンガポール市民、永住権保持者、または雇用パス/起業家パスの保持者である、少なくとも1名の現地取締役を任命することが含まれます。

以下は、シンガポール法人登記の要件リストです:

最低1名の株主が必要です。株主は個人でも会社でもよく、100%の外国人持株が認められているため、すべての株主を外国人にすることができます。複数の株主を持つことも認められていますが、シンガポールの非公開有限会社では最大50名までとなっています。このような枠組みは柔軟性を育み、シンガポールの尊敬されるビジネスシーンにおける国際的な参加を促進します。

最低資本金はわずか1シンガポールドルです。必要であれば、追加資金を投入し、会社登録機関に通知することで、簡単に資本金を増やすことができます。

取締役はシンガポール居住者(シンガポール市民、永住権保持者、特定のワークパス保持者)が最低1名必要で、取締役は過去に破産や不正行為の容疑がなく、18歳でなければなりません。シンガポール居住者でも外国居住者でも取締役になることができます。シンガポール居住の取締役がいない場合は、ノミニーダイレクターサービスをご利用ください。多くの場合、数週間以内に必要なワークパスを取得し、現地居住者の取締役に就任することができます。

シンガポール会社法では、会社設立日から6ヶ月以内にシンガポール在住の会社秘書を任命し、規制上の義務や提出書類を遵守することが義務付けられています。One Visaのようなプロフェッショナルな会社で法人を設立する場合、経験豊富な会社秘書があなたの会社のすべての規制上の義務や届出要件を満たすように配慮します。

法人設立の際には、国内での登記住所が必要となります。当事務所では、法人設立サービスをご利用のお客様に、当事務所の住所を貴社の登記住所として提供し、この要件への準拠と適切な書類管理を保証します。

金融サービス、教育、飲食、法律、医療サービスに関連する事業活動の場合、特定のライセンスの申請が必要となることに注意が必要です。One Visaのサービスをご利用いただくと、お客様の事業内容を理解し、それに応じてSSICコードをアドバイスいたしますので、複雑な手続きは必要ありません。あなたの事業活動が規制されている場合、私たちはあなたの法人設立手続きの遅延(取得に数週間から数ヶ月かかることがあります)を避けるために、適切に計画するために必要なライセンスについてアドバイスします。

これらの要件を理解し、満たすことで、現地のビジネス・ライセンスや規制を確実に順守し、ビジネス・ベンチャーを成功に導く土台を築くことができます。

ステップ 2: 会社組織と必要書類

シンガポール法人登記の初期要件を理解した後は、会社形態を決定する必要があります。以下は、事業形態を決定するための主な質問です:

  • パスポート・バイオデータのコピー(外国人に適用)

  • シンガポール在住の場合はシンガポールID

  • 公的書類(運転免許証、国民身分証明書、最近の公共料金請求書、賃貸契約書など)による住所証明書

  • 株主(親会社)となる会社の登記事項証明書

  • 事業内容、株式資本、株主、役員に関する情報を含む親会社の事業登録プロフィール

  • 親会社の最終的実質的所有者(UBO)を特定するための表

  • シンガポールでの子会社登録を承認する親会社の取締役会決議

シンガポールの会社登記規則を遵守するためには、会社設立手続きを円滑に進めるために、提案された株主および取締役の身元および経歴情報を収集し、確認する必要があります。この要件を満たすためには、特定の種類の書類を提出することが不可欠です。以下は、これらの規制を確実に遵守するために提出すべき書類の概要を示した一般的なガイドラインです。

コンパス就職パス

ステップ3: シンガポールでのビジネスに最適な会社名と事業活動の選択

シンガポールでの会社名 ユニークで適切な社名を選ぶことは非常に重要です。新しい会社名は、ブランド・アイデンティティに沿い、ターゲット市場に響くものでなければなりません。さらに、選択した社名がACRA(Accounting and Corporate Regulatory Authority)の定めるガイドラインに準拠していることを確認することも重要です。どのような社名がふさわしく、ユニークで印象に残り、法的要件に準拠しているかを慎重に検討してください。

シンガポールの事業活動に必要なライセンス: 金融サービス、教育、飲食、法律、医療サービスに関連する事業活動の場合、特定のライセンスの申請が必要となることに注意が必要です。One Visaのサービスをご利用いただくと、お客様の事業内容を理解し、それに応じてSSICコードをアドバイスいたしますので、複雑な手続きは必要ありません。あなたの事業活動が規制されている場合、私たちはあなたの法人設立手続きの遅延(取得に数週間から数ヶ月かかることがあります)を避けるために、適切に計画するために必要なライセンスについてアドバイスします。

ステップ4:必要書類の準備

シンガポール法人を設立する前に、ACRA(Accounting & Corporate Regulatory Authority)に提出するすべての必要書類を準備することが重要です。これらの必要書類には、取締役および株主全員のパスポートコピー、居住地証明、シンガポールでの登記住所、事業活動の包括的な説明、シンガポール法人設立の概要を記した覚書および定款(M&A)、コンプライアンス宣言書などが含まれます。以下は、ACRAへの提出に必要な情報のリストです。

ステップ5: 会計企業規制庁(ACRA)へのシンガポール非公開会社の登録

ステップ5では、シンガポール政府機関に必要書類と情報を提出するため、シンガポール法人登記で最も重要な部分であることに留意する必要があります、 エーシーエル.このステップは3つのサブステップに分かれており、プロセスをより理解しやすくなっています。もしシンガポール法人登記に不明な点があれば、私どもの専門家にご相談いただければ、シンガポール法人登記をスムーズに行うことができます。

5.1 会社名の予約とSSICの指定: シンガポール法人登記の第一歩は、ACRAに商号を予約することです。

>> ユニークで適切な社名を選びましょう。

>> ACRAのオンライン姓名検索ツールを使って、選択した姓名が使用可能かどうかを確認する。

>> ACRAのBizFile+ポータルから希望の名前を予約する。予約は120日間有効です。

>> あなたのビジネスプロフィールを表示する、あなたの会社の第一および第二の事業活動に使用しようとしている関連するSSICコードを選択します。

5.2 シンガポール法人登記社名が承認されれば、シンガポールでの法人設立を進めることができます。

>> すべての必要書類(フォーム45、秘書として行動することへの同意書、PEP宣言書など)をACRAに提出する。

>> 法人設立費用を含む登録費用を支払う。シンガポールで規制されている事業活動でない限り、通常ACRAが申請書を処理するのに1~2日かかります。

5.3 承認後、会社登記書類を取得する:

>> ACRA 会社概要(主要な会社情報を含む)。

>> 会社憲法

>> 取締役登録簿、株主登録簿、債権登録簿など、必要な法定登録簿を作成する。

ステップ6: シンガポール法人の銀行口座開設

法人銀行口座は、すべてのシンガポール企業にとって必要不可欠なものです。ほとんどの銀行では、署名人となるお客様に直接支店にお越しいただく必要があります。

1.会社概要

2.憲法;

3.その他、銀行が要求するすべての書類または情報。

最近のAML要件により、シンガポールで法人銀行口座を確保するのはかなり難しくなっています。シンガポールでの法人口座開設には、事業概要や事業計画など、多くの書類を準備する必要があります。

One Visaはシンガポールの複数の銀行と提携しているため、シンガポールでの銀行要件をアドバイスし、銀行担当者を手配して弊社オフィスで直接お会いし、すべての銀行事務手続きを行うことができます。シンガポールにお越しになれない場合は、シンガポールのデジタルバンクでの法人口座開設を手配いたします。

シンガポール法人の年次申告と税務に関する継続的要件



1.年次申告書を提出する: ACRAへの年次申告には、財務諸表と監査報告書(会社組織と売上高による)を提出する必要があります;

2.年次総会(AGM): 年次総会を開催し、毎年適切な会計記録を保持することが義務付けられています。

3.毎年の確定申告 申告した会計年度に応じて、法人所得税の申告が必要となります。 IRAS;

4.GST登録: 一定の年間売上高を持つシンガポール企業には、GST登録が義務付けられています。一部のシンガポール企業は、税務上、自主的にGST登録を行う場合があります。

上記の年次申告要件は、御社の会計年度を基準とした期限に従わなければならないことにご留意ください。ワンビザは法人秘書会社として登録されており、プロフェッショナルな会社秘書サービスをご利用いただけます。会社設立の要件について、今すぐ法人設立のスペシャリストにご相談ください。

外国人が利用できるシンガポール会社登録の種類



1.プライベート・リミテッド・カンパニー(Pte:) 成長の機会を提供し、個人資産を保護する法的構造をお探しなら、プライベート・リミテッド・カンパニーは外国人起業家にとって理想的な選択です。シンガポールの有限責任会社の一形態であるプライベート・リミテッド・カンパニーは、事業上の負債を会社の株式資本に限定できるという利点があります。そのため、事業拡大や世界進出を目指す真剣な企業にとって好ましい選択肢となります。プライベート・リミテッド・カンパニーを選択することで、幅広い権限を享受し、潜在的なリスクから個人資産を守りながら、自信を持ってビジネスの目標を追求することができます;

2.シンガポールの子会社: 海外で盛んなビジネスを展開し、シンガポールへの進出をお考えであれば、子会社の設立は戦略的な選択です。このストラクチャーを利用することで、個人資産を守りつつ、シンガポールの新会社をコントロールすることができます。シンガポールのPrivate Limitedと同様に、Subsidiaryには有限責任というメリットがあります。しかし、Subsidiaryは親会社を主要株主としている点が異なります。この仕組みにより、親会社と子会社間のシームレスな連携とサポートが可能になり、効率的な運営と事業拡大における戦略的な連携が確保されます。外資系企業にとって最良の選択肢です。

3.シンガポール支店: 税制上の優遇措置を最大限に活用しながら、シンガポールにおける海外法人のプレゼンス確立を目指すのであれば、Branch Officeという選択肢は検討に値します。子会社とは異なり、支店は有限責任を負う独立した法人とはみなされません。この事業形態は低リスクのベンチャー企業に適しています。支店は法律上、親会社の延長とみなされるため、親会社はシンガポール支店の行動に対して責任を負うことに注意が必要です。支店を選択することで、親会社とシンガポール支店との間の直接的な管理と調整が可能になります。

4.シンガポール駐在員事務所: シンガポール市場への参入を検討されている場合、またはシンガポールでの事業拡大を検討されている場合で、多額の投資を行う前にビジネス環境を調査し、潜在的なビジネスチャンスを評価するための準備期間が必要な場合は、駐在員事務所が適切な選択肢となります。この事業形態は伝統的な法的地位を持たず、収益活動を目的としたものではありません。しかし、潜在的な市場機会を探るという目的には役立ちます。一時的(3年間)な事業形態として、費用対効果の高い法人設立ソリューションを提供し、納税義務や会社秘書官による年次申告義務の負担を免除します。そのため、従来の事業体に付随する複雑な管理業務に煩わされることなく、市場調査や分析に専念することができます。

外国人としてシンガポールに設立する会社を正しく選択することは、ビジネスの成功にとって非常に重要です。それは、責任保護、税金の最適化、コンプライアンスなど様々な側面に影響します。このシンガポールのビジネス登録プロセスを効果的に進めるには、ワンビザのような専門会社に頼ることを強くお勧めします。私たちの専門知識により、お客様に合わせたガイダンス、包括的なサポート、すべての法的要件への正確な対応をお約束します。シンガポール法人設立の成功に向けた第一歩を踏み出しましょう。

シンガポール居住のためのエンプロイメントパス/エントリーパスの確保

外国人としてシンガポールでビジネスを立ち上げたからといって、シンガポールでの就労パスが保証されるわけではないことに注意が必要です。就労ビザを取得するためには、雇用パスまたは起業家ビザの基準を満たす必要があります。シンガポールのビザの種類については以下をご覧ください:

1.シンガポール就職パス シンガポール・エンプロイメント・パス(EP)は、シンガポールの就労パスの一種で、外国人専門家、取締役、企業経営者がシンガポールで合法的に就労できるようにするものです。詳細はこちら 就職パス;

2.シンガポール・アントレプレナー・パス(Entrepass): シンガポール・アントレプレナー・パス(通称アントレパス)は、シンガポールでの事業設立を目指す外国人起業家のための就労ビザの一種です。ただし、このパスは革新的な事業を行う人に限られます。詳細はこちら アントレプレナー・パス(アントレパス).

上記2つの主なパスは、外国人経営者や起業家がシンガポールで現地人として就労、滞在、引き継ぐことを許可するものです。さらに、扶養家族パスで直系家族を呼び寄せることも許可されています。シンガポールでの就労許可証の取得にご興味のある方は、今すぐ無料アセスメントにご連絡ください!

なぜOneVisaなのか?

シンガポールでのシームレスな会社設立への第一歩を踏み出し、One Visaの専門知識をご活用ください。私たちの経験豊かなチームは、登録手続きをご案内するだけでなく、企業構造やライセンス要件に関する貴重なアドバイスもご提供します。シンガポールのビジネス環境に関する深い知識を活用し、時間と税金の節約を達成するために会社構造を最適化するお手伝いをいたします。私たちの包括的なソリューションと専門家による指導の恩恵を受ける機会をお見逃しなく。今すぐワンビザにご連絡ください。複雑な会社設立をナビゲートし、ビジネスの成功、効率性、経済的利益の可能性を最大限に引き出す、信頼できるパートナーになります。

フェイスブック
ツイッター
LinkedIn
jaJapanese
今すぐ無料オンライン・ビザ診断を受ける - あなたのプロフィールを基にビザ取得の資格を調べましょう。

今すぐ無料ビザ審査を受けてください!

シンガポールへの旅の鍵を開けよう-専門家とあなたのビザの資格を評価しよう。

無料査定!

× Whatsapp Now!