無料ビザ審査 - 24年4月30日まで!

                            2024年4月30日まで無料ビザ審査 - シンガポールの夢を解き放とう!

シンガポールでのファミリー・オフィス設立

シンガポールでファミリーオフィスを設立する方法をステップ・バイ・ステップで解説

ファミリー・オフィスは、富裕層(HNWI)や超富裕層(UHNWI)にとって、富の管理、資産の保全、将来の世代のためのプランニングに欠かせないツールとなっています。アジア有数の金融ハブであるシンガポールは、魅力的な税制優遇措置があり、ファミリーオフィス設立に魅力的な環境を提供しています。強固な規制の枠組み、安定した政治情勢、有利な税制により、シンガポールはファミリー・オフィスの設立・運営を目指す家族にとって好ましい目的地として浮上しています。

本ガイドブックは、シンガポールでファミリーオフィスを設立する方法について、主な検討事項と規制要件を考慮しながら、ステップ・バイ・ステップで概要を説明することを目的としています。これらのステップに従い、専門家のアドバイスを受けることで、ご家族はプロセスを効果的に進め、シンガポールの盛んなウェルス・マネジメント業界においてファミリーオフィスを長期的な成功に導くことができます。

シンガポールのファミリー・オフィスとは?

ファミリー・オフィス(FO)とは、超富裕層を対象に資産管理のためのさまざまなサービスを提供する民間企業と定義されている。シンガポールのファミリー・オフィスは通常、複雑な金融ポートフォリオを構築しており、資産管理には専門家の助けが必要です。

FOは独立した事業体であることもあれば、大きな金融機関の一部であることもある。シンガポールのファミリー・オフィスは通常、ファンド・マネジメント、タックス・プラニング、エステート・プラニング、フィランソロピーに関するアドバイスを提供している。

シンガポールのファミリー・オフィスには、ファンド・マネジメントなど、さまざまな金融分野の専門知識を持つプロフェッショナル・チームがいることが多い。シンガポールのファミリー・オフィスでは、投資マネージャーに加えて、会計士、弁護士、その他のファイナンシャル・アドバイザーを雇用することもあります。

シンガポールのFOの目標は、家族の事業支出、慈善寄付、投資ポートフォリオ管理を支援することである。最高のFOは、サービスを提供する家族の具体的なニーズに対応し、長期的な資産管理に目を光らせている。

ハイエンドのファミリーは、事業支出、慈善活動、投資ポートフォリオ管理がより複雑になるため、専門家を必要としている。そのため、シンガポールのファミリー・オフィスによる運用資産は近年増加しており、より多くの富裕層が専門家に資産運用を依頼している。

ステップ1:目的と構造を定義する

ファミリー・オフィスの設立に着手する前に、その家族固有のニーズや目標に最も合致する 目的と体制を明確にすることが極めて重要である。これには、ファミリー・オフィスの目的が、主に投資管理なのか、資産保全なのか、慈善活動なのか、あるいはこれらの要素の組み合わせなのかを決定することが含まれる。

もう一つの重要な決断は、その家族だけに特化したシングル・ファミリー・オフィス(SFO)を設立するか、複数の家族にサービスを提供するマルチ・ファミリー・オフィス(MFO)を選ぶかということである。これらの構造のどちらを選択するかは、一族の富の規模、業務の複雑さ、他の家族との費用分担や協力の希望などの要因によって決まる。

シングル・ファミリー・オフィス(SFO):

このタイプのFOは、ハイ・ネットワーク・ファミリーだけにサービスを提供するために設立される。これは、1つの家族が自らの資産を管理する私的な事業体である。資産はファミリー・ファンドに入り、ファンドの投資先は顧客本人またはファイナンシャル・プランナーが選択する。資産管理、およびファミリー・メンバーの資産計画を目的として、裕福なファミリーによって設立された法人である。

一族事務所であるSFOは、シンガポール金融管理局(MAS)への登録ファンド管理会社(RFMC)や認可ファンド管理会社などのファンドライセンスの登録が免除されている。

上記のファミリーオフィスの構造に基づいて、通常、ACRAを通じて2つの法人を設立し、1つの法人をファンドを管理する投資管理会社とし、もう1つの法人をファンドを保有するファンド会社とします。詳細はこちら シンガポールでの会社登録.

マルチ・ファミリー・オフィス(MFO):

複数の裕福な家庭に金融その他のサービスを提供する民間企業。

MFOとは、必ずしも血縁関係のないファミリーが集まって設立するファミリー・オフィスのことである。1つ目は、SFOという単一のファミリー・オフィスが他のファミリー顧客を受け入れるようになったこと、2つ目は、大口顧客により良いサービスを提供するために設立されたプライベート・バンキング、3つ目は、プロフェッショナルによって設立されたものである。

MFO(マルチ・ファミリー・オフィス)には、EAM(Enterprise Asset Management)と同様に、RFMC(Registered Fund Management Company)とLFMC(Licensed Fund Management Company)のファンド・ライセンスが必要である。

さらに、家族の具体的なニーズや嗜好を評価することも不可欠である。これには、家族の望ましい関与のレベル、意思決定プロセス、FOが提供するサービスの範囲などの要素を考慮することが含まれる。

ステップ2:専門家のアドバイスを求める

ファミリー・オフィスの設立には、法律、規制、財務など複雑な要素を伴うことに留意する必要があります。弁護士、会計士、資産アドバイザーなど経験豊富な専門家に依頼し、シンガポールの法律や規制を確実に遵守し、最も重要な点として、コンプライアンスや節税につながるファミリーオフィスの構造化に関する専門知識を活用することが最善です。

Visaのパートナーは公認の秘書・会計事務所であり、弁護士、ウェルスアドバイザー、プライベートバンク、保険代理店、ファンドマネジメント会社などの専門家と提携し、ファミリーオフィスの法的構造を定義し、タックスプランニング、コンプライアンス、投資管理などの戦略的アドバイスを提供します。当初から私たちが関与することで、ご家族が落とし穴を避け、長期的な目標に沿った情報に基づいた決定を下すことができます。

ステップ3:規制要件を理解するシンガポールでファミリーオフィスを開設するには?

シンガポールにファミリーオフィスを設立する場合、規制を遵守することが重要です。MASは金融機関やファミリーオフィスを含むファンド管理会社を監督する当局です。MASの規制を理解することは、スムーズでコンプライアンスに準拠した設立プロセスを確保する上で極めて重要です。

シンガポール法人がMASの規制の下でファミリー・オフィスとして適格かどうか、ライセンスを取得する必要があるか、当局に登録する必要があるかどうかを判断することが重要です。規制要件は変化する可能性があるため、常に最新の情報を入手し、専門家に相談することがコンプライアンスを徹底する上で極めて重要です。

ステップ4:オフィスの構造と運営の決定

ファミリー・オフィスの適切な構造を選択することは、極めて重要なステップである。ファミリーは、独立したオフィスを設立するか、特定の機能を外部のサービス・プロバイダーに委託するかを決定する必要がある。それぞれの選択肢には長所と短所があり、ファミリーは自分たちの好み、能力、リソースを慎重に評価しなければならない。

FOに必要な人員と役割を特定することも重要な側面である。これには、投資専門家、法律顧問、会計士の必要性だけでなく、家族の関与の有無も含まれる。FOが提供するサービスの範囲(投資管理、税務計画、財産計画、管理など)を明確にすることは、事務所の運営をより明確にすることにつながる。

ステップ5:資産運用のための投資戦略を立てる

健全な投資戦略の策定は、ファミリー・オフィスの設立において極めて重要である。投資戦略は、ファミリーの財務目標、リスク許容度、時間軸に沿ったものでなければならない。考慮すべき点は、資産配分、様々な資産クラス(株式、債券、不動産、オルタナティブ投資)への分散、投資手段などである。

投資を社内で管理するか、外部の投資マネジャーに委託するかを決める。社内で運用する方が、コントロールが効き、カスタマイズが可能である一方、アウトソーシングした方が、専門的な専門知識やリソースを利用できる可能性がある。効果的な投資運用のためには、強固なリスク管理とパフォーマンス・モニタリング・プロセスの導入が不可欠である。

ステップ6:税制優遇措置の検討と免除制度の理解

シンガポールは、より多くの超富裕層にワン・ストップ・ショップを設立してもらおうと、FOに対して非常に魅力的な税制優遇制度を提供している。様々な優遇税制があるが、本稿では13Oと13Uの2つの主要な優遇税制を紹介する。

第13O条 適格FOは、特定投資からの特定投資所得に対して免税を受けることができる。この非課税措置は、配当、利子、指定投資の処分益などの所得に適用される。この制度は、シンガポールでの設立と成長を目指すファミリー・オフィスの誘致を目的としている。

第13節U: は、シンガポールのファンド・マネジャーが運用するファンドから得られる所得に対する非課税措置を規定している。この免税は、適格条件を満たす居住者、非居住者両方のファミリーオフィスに適用されます。

基準S13OS13U
運用資産最低S$ 2,000万ドルの指定投資を申請時点および奨励期間を通じて行うこと。最低S$ 5,000万ドルの指定投資を申請時点および奨励期間を通じて行うこと。
投資プロフェッショナル最低2名の専門家を雇用し、そのうち少なくとも1名は、申請時点および奨励期間中、受益権所有者の家族でないこと。最低3名の専門家を雇用し、そのうち少なくとも1名は、申請時点および奨励期間中、受益権所有者の家族でないこと。
投資の専門家としての資格を得るための、関連する正式な実務経験学術的資格。投資の専門家としての資格を得るための、関連する正式な実務経験学術的資格。
資格のある投資専門家は、ポートフォリオ・マネージャー、リサーチ・アナリスト、トレーダーとして雇用され、月給がS$ 3,500を超え、資格のある活動に50%以上の時間従事していなければならない。資格のある投資専門家は、ポートフォリオ・マネージャー、リサーチ・アナリスト、トレーダーとして雇用され、月給がS$ 3,500を超え、資格のある活動に50%以上の時間従事していなければならない。
適格投資専門家は、奨励期間を通じてシンガポールの税務上の居住者でなければならない。適格投資専門家は、奨励期間を通じてシンガポールの税務上の居住者でなければならない。
支出要件段階的支出要件、最低S$ 20万ユーロの地元企業支出段階的支出要件、最低S$ 20万ユーロの地元企業支出
地元の慈善団体への寄付や助成金は、シンガポールの金融機関が実質的に関与する混合金融の仕組みとし、段階的支出要件の計算において認識される。地元の慈善団体への寄付や助成金は、シンガポールの金融機関が実質的に関与する混合金融の仕組みとし、段階的支出要件の計算において認識される。
資本配備の必要条件投資額はAUMの10%、4TP1,000万Sドルを下回った:
i.MAS が承認した取引所に上場されている株式、REIT、事業信託、または ETF;
ii.適格債券;
iii.シンガポールで認可を受けた金融機関が販売する非上場ファンド;
iv.シンガポールの非上場事業会社への投資;
v.気候関連投資;
シンガポールの金融機関が実質的に関与するブレンデッド・ファイナンス・ストラクチャー。

2.資本展開要件計算のために認識される適格投資への1.5倍または2倍の投資額
投資額はAUMの10%、4TP1,000万Sドルを下回った:
i.MAS が承認した取引所に上場されている株式、REIT、事業信託、または ETF;
ii.適格債券;
iii.シンガポールで認可を受けた金融機関が販売する非上場ファンド;
iv.シンガポールの非上場事業会社への投資;
v.気候関連投資;
シンガポールの金融機関が実質的に関与するブレンデッド・ファイナンス・ストラクチャー。

2.資本展開要件計算のために認識される適格投資への1.5倍または2倍の投資額
プライベート・バンキング口座申請時点および奨励期間を通じて、MAS認可金融機関のプライベート・バンキング口座であること。申請時点および奨励期間を通じて、MAS認可金融機関のプライベート・バンキング口座であること。

ファミリー・オフィスの具体的な状況に基づき、適格基準や最適なタックス・プランニング戦略について詳しく知るためには、当社の税務アドバイザーに相談することが重要です。

シンガポール金融管理局(MAS)に基づくライセンス要件:

ファミリー・オフィスの設立を計画している場合、シンガポール金融管理局(MAS)のライセンス要件を考慮する必要があります。

1. まず、最低資本金$1万円が必要です。

2. さらに、FOはファイナンシャル・アドバイザーまたは貸金業の免許を取得していなければならない。

3. 最後に、FOがMAS規則を遵守していることを確認する責任を負うコンプライアンス・オフィサーを置かなければならない。 MASライセンスの取得は容易ではないが、MASの要件に従えば、すぐにファミリー・オフィスを立ち上げることができるはずだ。

シンガポール・ファミリー・オフィスにおけるシンガポール居住ビザの種類

外国人のシンガポール滞在を促進するため、シンガポールに事業所を設立する際に利用できる様々なシンガポール・ビザ・スキームがあります。利用可能なビザについては下記をご参照ください:

1. 世界投資家プログラム(GIP)に基づくシンガポールPR: 少なくとも2億ドルの運用資産を持つファミリー・オフィスを設立する場合、シンガポールの直接PRスキームを検討することができます。 グローバル投資家プログラム.

2. 雇用パス: 各ファミリー・オフィスには、シンガポールに居住する本人のための雇用パス枠が1~3枚与えられます。詳細は シンガポール就職パスガイド.

3.海外ネットワーク&エキスパートパス(ONEパス): ファミリー・オフィスの代表者自身が毎月3万SGDの給与を支払っている場合、その代表者は次のような方法を検討することができる。 ONEパス・シンガポール.

シンガポール金融管理局(MAS)に基づくライセンス要件:

一戸建てオフィスの設立と運営には様々な側面があるため、適切な専門家を見つけることが重要です。専門家であれば、あなたの運用資産が専門知識をもって取り扱われることを保証します。

そこでワンビザの出番だ。

私たちは、10年以上にわたって一戸建てオフィスの設立と運営に携わってきた経験を持つ専門家チームです。ファミリー・オフィスの設立に必要なあらゆるアドバイスやサポートを提供し、必要なサービスを提供する適切な投資専門家を見つけるお手伝いをいたします。ファミリー・オフィスの会計、記帳、給与計算などのビジネス支出勘定は、私たちのチームが簡単に管理することができます。

運用資産は重要であり、投資のプロが資産を管理することで、資産は保護され、成長することが保証されます。

ファミリー・オフィスのために何から始めたらよいかわからない?

当事務所では、10年以上にわたる専門的な知識と経験を生かし、企業オーナーや富裕層の方の入国管理に関するご相談を承っております。期間限定で無料相談を受け付けております。

シンガポール・ビザに関する詳しいガイダンスが必要ですか?

関連トピックは以下を参照:

よくあるご質問

ファミリー・オフィスは、富裕層(HNWI)とその家族の財務および資産関連業務を管理する私的組織である。

シンガポールは、安定した政治環境、有利な税制、確立された金融セクター、強固な規制の枠組みを提供しており、ファミリーオフィスにとって魅力的な場所となっている。

主に2つのタイプがある:一家族のみを対象とするシングル・ファミリー・オフィス(SFO)と、複数の家族を対象とするマルチ・ファミリー・オフィス(MFO)である。

登録やライセンスの取得が必要かどうかは、ファミリー・オフィスの構造や活動内容によって異なります。免除の対象となる場合もあれば、シンガポール金融管理庁(MAS)の認可が必要となる場合もあります。

ファミリー・オフィスは、投資管理、資産計画、税金の最適化、遺産計画、慈善活動指導など、さまざまなサービスを提供している。

ファミリーオフィスは、マネーロンダリング防止(AML)およびテロ資金供与対策(CFT)要件の遵守を含め、MASが定める規制を遵守しなければならない。

シンガポールには、セクション13Oやセクション13Uなど、ファミリーオフィスに対する様々な優遇税制や免税制度があります。税務計画を最適化するためには、税務の専門家に相談することが不可欠です。

スケジュールはさまざまだが、法律や規制当局の承認を含め、セットアップ・プロセスを完了するまでに一般的に4~8ヶ月かかる。

投資判断は、家族の財務目標とリスク許容度に沿ったものでなければならない。資産クラス間の分散と徹底したリスク管理が重要である。

お気軽にお問い合わせください!

シンガポール移民コンサルタントに無料ビザ査定を依頼 - One Visa

ファミリー・オフィスのためのコンサルティングを今すぐご予約ください!

jaJapanese
今すぐ無料オンライン・ビザ診断を受ける - あなたのプロフィールを基にビザ取得の資格を調べましょう。

今すぐ無料ビザ審査を受けてください!

シンガポールへの旅の鍵を開けよう-専門家とあなたのビザの資格を評価しよう。

無料査定!

× Whatsapp Now!