無料ビザ審査 - 24年6月30日まで!

                            2024年5月30日まで無料ビザ審査 - シンガポールの夢を解き放とう!

シンガポールの雇用パス事情

シンガポールのような日進月歩のビジネスハブでは、エンプロイメントパスのニュアンスを理解することが最も重要です。One Visaでは、このような複雑な地形をナビゲートし、最新の見識とサポートをお届けします。この包括的なガイドでは、シンガポールのエンプロイメントパス領域で見られる様々な変化と、それらがライオンシティで有利な雇用機会を確保するためにあなたの旅にどのような影響を与える可能性があるかを掘り下げます。はじめに シンガポールは、文化のシームレスな融合と繁栄する経済大国の典型として賞賛されることが多く、グローバルな景観の中で競争力を維持するために、継続的にエンプロイメントパス(EP)ポリシーを適応させ、変更しています。シンガポールの雇用パスは、その重要性が変化している。

シンガポール・エンプロイメント・パスに関するよくある質問

エンプロイメント・パスのためのシンガポール移民コンサルタント - One Visa

シンガポール商業とイノベーションの中心地One Visaは、シンガポールのビザ取得をサポートする礎となっています。しかし、旅には疑問がつきものです。そこで今日は、シンガポール・エンプロイメント・パス(Singapore Employment Pass)についてご紹介します。この情報満載の旅に出かけ、あなたが抱いている差し迫った疑問の答えを見つけましょう。1.シンガポール・エンプロイメント・パス(EP)とは何ですか?エンプロイメント・パスは、外国人専門家、管理職、経営者、スペシャリストがシンガポールに居住し就労できる就労ビザです。シンガポールでの仕事のオファーがあり、専門的なスキルや資格を持っている人が対象です。2.エンプロイメント・パスの有効期間は?

新しいCOMPASSフレームワークを使いこなす:移行を容易にする8つの専門家のヒント

コンパス就職パス

2023年9月1日以降、すべての雇用パス申請(それ以降に開始されるEP更新を除く)は、補完性評価フレームワーク(COMPASS)を通過しなければなりません。ワンビザは業界の専門家として、貴社が自信を持ってこの新しい状況を乗り切れるよう、戦略的なアドバイスとヒントを提供します。専門家のアドバイスと戦略的行動の組み合わせが、シームレスな移行への勝利の方程式です。この進化したエコシステムで成功するために、私たちの専門知識とCOMPASSガイドラインを組み合わせた総合的なアプローチを掘り下げてみましょう。1.戦略的な人材計画従業員は企業の屋台骨です。採用計画を戦略的に捉えましょう。そのために、次のような役割や職種を特定しましょう。

コビッド期間中のシンガポール旅行について知っておくべきこと - セーフティ・トラベル・パス

シンガポールビザ

2021年10月6日以降、シンガポールのクラス分けは、各国のコヴィッド19の状況に基づいて、さらに多くの国が追加される予定です。渡航者は直近14日間の渡航歴に基づき、安全渡航パスでシンガポールに入国。特定の旅行者については、滞在期間を10日間に短縮する。シンガポールは経済が活況を呈している国であり、シンガポールで成長する機会を求めて外国人投資家を惹きつけている。シンガポールで働く外国人の多くは一時的な就労ビザを発給され、長期滞在後にシンガポール永住許可を取得する人もいる。また、多くの国際的なビジネスがそうであるように、そのような外国人はビジネスやレジャーのために他の国へ旅行する必要があるかもしれません。そこで

2021年に見逃せない雇用パス政策の主な変更点

就職パス

ご存知でしたか?エンプロイメント・パス(EP)をお持ちの方には、主に2つの変更があります。求人広告の掲載期間が28日間に延長されます。 昨年8月に発表されたように、労働省(MOM)は、より多くのシンガポール人が現地の求人情報に優先的にアクセスできるよう、求人広告に関する規則を強化しました。この変更は2020年10月から実施されている。外国人労働者のEPパスまたはSパスを新規に申請する前に、企業はMyCareersFuture.sgで少なくとも28日間求人広告を出さなければならなくなり、従来の14日間の条件から引き上げられた。この広告ルールは、以前はEPレベルの求人にのみ適用されていた。しかし、[...]を考慮すると

シンガポール、優秀なテクノプレナー誘致のためTech.Passを導入

テックパスフォーシンガポール

概要 経済開発委員会はこのほど、「既存」または「急成長中」のハイテク関連企業で経験を積んだ技術起業家や技術専門家にインセンティブを与えることを目的とした、新しい種類のビザの発給を発表した。シンガポールは、地元の才能ある人材が台頭し繁栄できるよう、技術ビジネスのハブを開発することを目指している。なぜシンガポールはこのビザを導入したのか?経済開発委員会は、ハイテク産業により集中的に参加するための柔軟性を提供するため、この新しい取り組みを開始した。具体的には、このビザを取得すれば、起業や経営、投資家としての活動、新興企業の指導、さらには大学での講義も可能になります。これは素晴らしい機会である。

jaJapanese

無料査定!

× Whatsapp Now!