無料ビザ審査 - 24年4月30日まで!

                            2024年4月30日まで無料ビザ審査 - シンガポールの夢を解き放とう!

シンガポールのグローバル投資家プログラム:究極の投資基準ガイド

シンガポールのグローバル投資家プログラムでシンガポールPRを急ぐ

シンガポールは技術革新と経済安定の象徴として、視野を広げようとする富裕層を惹きつけている。経済開発庁(EDB)が導入したグローバル・インベスター・プログラム(GIP)は、活気ある経済への投資だけでなく、以下のような資産確保を求める外国人投資家のために特別に設計されている。 シンガポール永住権(PR) 投資を通じてこのガイドでは、シンガポールのダイナミックな未来の一部になるために、この機会をどのように活用できるかにスポットを当て、GIPの複雑さを掘り下げています。

グローバル・インベストメント・プログラム・シンガポールを選ぶ理由

グローバル・インベスター・プログラムは単なる投資ビザではなく、シンガポールのサクセス・ストーリーに欠かせない一員となるためのゲートウェイです。このプログラムは以下を提供します:

グローバル投資家プログラム(GIP)投資家資格基準のナビゲーション

シンガポールのGIPは、外国からの投資や才能ある人材に対する国のオープンアームポリシーの証です。この制度は、富裕層やビジネス界の大物が経済拡大に貢献し、シンガポールを故郷とする機会を提供できるよう、特別に設計されています。企業の陣頭指揮を執ること、急成長分野でイノベーションを起こすこと、あるいは莫大な家族資産を管理することが得意な方でも、GIPはあなたの投資設計図に対応する特注の手段を用意しています。

グローバル投資家プログラム シンガポールPR基準

GIP投資基準については以下を参照:

応募者プロフィール創業経営者次世代ビジネス・オーナー急成長企業の創業者たちファミリー・オフィスのプリンシパル
参加資格a) 3年以上の起業・事業実績があること;

b) 現在、申請直前の年の年間売上高が少なくともS$2億円、申請直前の3年間の平均が少なくともS$2億円の会社1 を経営していること;

c) 非上場企業の場合、少なくとも30%以上の株式を保有していること。

d) 貴社は、附属書Bに記載されている業種の1つ以上に従事している必要があります。附属書Bについては、FAQセクションを参照してください。
a) あなたの直系尊属が、少なくとも30%以上の株式を保有しているか、あなたが利用する会社の筆頭株主であることが、資格取得の条件となります;

b) この会社の年間売上高が、申請直前の1年間で少なくともS$5億ドル、申請直前の3年間の平均で少なくともS$5億ドルであること;

c) 会社の経営陣の一員であること(C-suite/取締役会など)。

d) 貴社は、附属書Bに記載されている産業の1つ以上に従事していなければならない。
a) 少なくともS$5億円の評価額を持つ企業の創業者であり、個人大株主の一人であること;

b) 信頼できるベンチャー・キャピタル/プライベート・エクイティ企業によって投資されていること。

c) 貴社は、附属書Bに記載されている産業の1つ以上に従事していること。
a) 起業家、投資家、経営者として5年以上の実績があること。

b) 純投資可能資産が少なくともS$2億ドル以上あること。

(注:純投資可能資産には、銀行預金、資本市場商品、集団投資スキーム、生命保険契約の支払保険料、その他の投資商品など、不動産を除くすべての金融資産が含まれる)
投資オプションの種類オプションA: 新規事業体または既存事業の拡大に1,000万STP4T万ドルを投資する;

オプションB: シンガポールを拠点とする企業に投資するGIPファンド3に$2500万SGDを投資する;

オプションC: シンガポールを拠点とするシングルファミリー・オフィスを設立し、少なくともS$2億ドルの運用資産(AUM*)を持つ。
オプションA: 新規事業体または既存事業の拡大に1,000万STP4T万ドルを投資する;

オプションB: シンガポールを拠点とする企業に投資するGIPファンドにS$2500万ドルを投資する;

オプションC: シンガポールを拠点とするシングルファミリー・オフィスを設立し、少なくともS$2億ドルの運用資産(AUM*)を持つ。
オプションA: 新規事業体または既存事業の拡大に1,000万SGDを投資する;

オプションB: シンガポールを拠点とする企業に投資するGIPファンド3に$2500万ドルを投資する;

オプションC: セットアップ シンガポールの一戸建てオフィス 少なくともS$2億円の運用資産(AUM*)を有し、そのうち最低S$5億円の投資商品を選択しなければならない。
オプションC: シンガポールを拠点とするシングル・ファミリー・オフィスを設立し、少なくともS$2億ドルの運用資産(AUM*)を持つこと、そのうち最低S$5億ドルを4つの投資カテゴリーのいずれかに投資すること:

(i) シンガポールが承認した取引所に上場されている株式、REIT、事業信託;

(ii) MAS照会システムに上場可能な負債証券;

(iii) シンガポールで認可または登録されたマネージャーまたは金融機関によって分散された資金。

(iv) シンガポールを拠点とする株式公開されていない事業会社へのプライベート・エクイティ投資。
ソースはedbより。

シンガポール投資ビザ:GIP投資基準を満たす3つのオプション

ファミリー・オフィスのプリンシパルという投資ビザのプロフィールを満たす人だけがオプションCに投資する必要がある。

GIPの旅に出る

GIPを通じてシンガポールに投資し居住するという決断は、単なる金銭的なコミットメントにとどまらず、革新性、回復力、国際的な活気で名高いグローバル都市の一員となるための一歩です。この重要な一歩を踏み出すにあたり、あなたのビジネスセンスと投資洞察力が、シンガポールの繁栄する経済にどのように貢献し、繁栄させることができるかを考えてみてください。

GIPに代わるもの:アントレパスとONEパス

シンガポールでの投資の旅

グローバル・インベスター・プログラムの利用、ファミリーオフィスの設立、アントレパスやONEパスなどの代替ルートの検討など、シンガポールには経済構造に溶け込む機会が数多くあります。どの経路も投資家の皆様を念頭に置いて設計されており、投資能力や事業ステージにかかわらず、シンガポールのダイナミックなエコシステムにおいて皆様の活躍の場があることをお約束します。

シンガポールで投資の旅に出る準備はできましたか?私たちのチーム ワン・ビザ は、適切なプログラムの選択から出願手続きのナビゲートまで、すべてのステップを通じてあなたをガイドします。世界有数の経済大国で、あなたの未来への扉を開くお手伝いをさせてください。

GIPスキームでシンガポール永住権を取得する準備はできていますか?

One Visaは、あなたのような何千人ものプロフェッショナルのPEP承認取得をサポートしてきました。

シンガポールの就労ビザについてさらに詳しいガイダンスが必要ですか?

関連トピックは以下を参照:

よくあるご質問

GIPは、富裕層や企業経営者にシンガポールでの投資や起業を誘致し、その見返りとして永住権を申請する機会を提供することを目的としたシンガポール政府のイニシアチブである。

GIPは永住権への道を提供するだけでなく、投資家がシンガポールの堅調な経済、戦略的立地、成長と拡大のためのビジネス環境を利用することを可能にします。

申請者は、新規事業体への投資、既存事業の拡大、GIP認定ファンドへの投資、シンガポールでの特定運用資産額(AUM)を持つ一戸建てオフィスの設立から選択することができる。

はい、申請者は配偶者と21歳未満の子供を永住権のGIP申請に含めることができます。

シンガポールでのファミリーオフィス設立に関する詳細情報は、以下のウェブサイトをご覧ください。 ファミリーオフィス・シンガポール・ガイド One-Visaが提供する。

ビザ取得に専門家の助けが必要ですか?

シンガポール移民コンサルタントに無料ビザ査定を依頼 - One Visa

今すぐ無料GIPアセスメントを受ける!

jaJapanese
今すぐ無料オンライン・ビザ診断を受ける - あなたのプロフィールを基にビザ取得の資格を調べましょう。

今すぐ無料ビザ審査を受けてください!

シンガポールへの旅の鍵を開けよう-専門家とあなたのビザの資格を評価しよう。

無料査定!

× Whatsapp Now!