無料ビザ審査 - 24年5月31日まで!

                            2024年5月31日まで無料ビザ審査 - シンガポールの夢を解き放とう!

オーストラリアの教育

概要

オーストラリアは、初等教育や英語コースから最高学府の学位まで、幅広い質の高い教育サービスを提供する優れた教育ハブである。20,000以上のコースと1,200以上の教育機関があり、世界中から、特にアジア太平洋の近隣諸国から、何千人もの留学生を惹きつけている。同州は、国際教育における一流の基準を維持し、世界でも5本の指に入る教育目的地としての地位を維持するため、全面的な保護に努めている。 

オーストラリアの教育世界ランキング

  • オーストラリアには、世界最高の大学100校のうち7校がある。
  • 世界の学生都市ベスト30のうち5都市が米国にある。
  • OECD(経済協力開発機構)によれば、地方教育は10点満点中6.6点。
  • 教育専門会社のピアソンによれば、オーストラリアの教育は世界で13番目に優れている。
  • 2009年の生徒の学習到達度調査(PISA)によると、オーストラリアの読解力は世界第6位、理科は世界第7位、数学は世界第9位であった。
  • オーストラリアには43の教育機関がある(うち国際機関が2、私立が1)。
  • オーストラリア国立大学は、2014年QS世界大学ランキングで25位にランクされている。

オーストラリア留学の支出と費用

GDPに占める教育支出の割合を見ると、オーストラリアはトップクラスではない。オーストラリア政府は、毎年2億豪ドル以上を投じて、オーストラリア有数の国際的な奨学金制度を構築している。

2015年にExpert Marketが発表した「大学教育に最もお金がかかる国」のリストにオーストラリアは入っていなかった。このリストはクアクアレリ・シモンズの大学ランキングに基づくもので、平均給与に占める教育費の割合が突出して高い国が含まれていた。オーストラリアの教育費は高いが、国民にとってはまだ手頃な金額であるようだ。

オーストラリアの学費は、選択する資格によって異なる。英国や米国では、4万米ドル以上、9万米ドル以上を支払わなければならないのに対して、学士号は1万5,000~3万3,000豪ドルかかります。オーストラリアの修士号では、20,000~37,000AUDの費用がかかる。

2016年から新しい授業料が導入されるが、これは国内教育のみに適用され、留学生には影響しない。政府が補助金制度を短縮し、授業料の上限を撤廃したため、現地の学生の親は子供の教育費をより多く受け取ることになる。市民と永住(人道)ビザ保持者は、国の高等教育ローン・プログラム(HELP)を利用できる。

教育制度

オーストラリアの幼児教育は、尊敬、自己規律、コミュニケーション、チームワークの原則に基づいている。教育には次のような段階がある:

初等教育

幼稚園から小学校7年生まで。

オーストラリアでは、子供は6~7歳で小学校に入学し、12~13歳で卒業する。入学年齢は州によって異なります。初等教育に含まれる就学前教育の年数も州によって異なります。

中等学校/高等学校

7~12年生

教育は17~18歳で終了する。

シニア・セカンダリー・スクール/カレッジ

11~13年生

若者は18~19歳で卒業する。

このように、学校教育は12~13年間続き、子供が少なくとも16~17歳になるまで義務付けられている。才能のある子供は、より早く学校で勉強を始めることができ、1つの学年から別の学年への進級も早い。オーストラリアには、政府系の学校、宗教系の学校(カトリックや英国国教会)、独立系の学校(プロテスタント、イスラム教、モンテッソーリやウォルドルフ(オーストラリアではシュタイナーと呼ばれる)のような教育理論に基づく学校)など、さまざまなタイプの学校があります。地方の遠隔地では、ホームスクーリングが法的に認められている。

政府系(公立)の学校は無料だが、宗教系やその他の独立系の学校は有料で、その費用はかなり高額だ。いずれにせよ、公立学校の無償教育でさえ、教科書、制服、文房具、合宿など、その他の費用はカバーできない。

教育学的、宗教的な考え方にかかわらず、すべての学校と教師は州の教育省への登録を受け、学校教育の一般的な要件を満たさなければならない。どの学校を選んでも、子供はすべての学校で採用されている国家カリキュラムの枠組みの中で、数学、英語、環境学、外国語(英語以外)、保健、科学、美術、体育といった質の高い基礎知識を学ぶことができる。国のカリキュラムと学校独自の方法・計画との調整のおかげで、12年生(13年生)終了時の試験に合格した生徒が取得する修了証は、全国のすべての高等教育機関で広く認められている。

オーストラリアの学校では、コミュニケーション、チームワーク、創造性、自己開発など、現代社会で価値ある実践的な知識やスキルに重点を置いています。学校は、教育をより効果的で魅力的なものにするために、従来とは異なる最先端の技術や機器を多用し、生徒を研究活動に参加させています。オーストラリアに留学する際にお子さんを同伴する場合、またはご家族の永住ビザを取得してご家族をオーストラリアに招待する場合、就学年齢のお子さん全員が適切な学校に入学することが極めて重要です。オーストラリアの8つの州には、それぞれ生徒と保護者の入学条件と授業料が定められていることを覚えておいてください。

高等教育

オーストラリアには43の高等教育機関がある。オーストラリアでは、医学、芸術、社会科学、工学、金融の分野で競争力のある知識を得ることができる。オーストラリア国立大学(Australian National University)、メルボルン大学(Universities of Melbourne)、シドニー大学(Universities of Sydney)、クイーンズランド大学(University of Queensland)など、世界最高の大学100校のうち7校がオーストラリアにある。

一流大学のほとんどは人口の多い東海岸にあり、オーストラリア沿岸部は最も教育水準の高い地域となっている(人口の9.7%が高等教育資格を保有)。僻地」は教育水準が低く、わずか0.5%しか学位を持っていない。

一般的に、留学生はオーストラリアで学士号(3~4年)、修士号(学士号取得後1~2年)、博士号(修士号取得後3年)を取得します。芸術、科学、法律などの分野では、一度に2つの学士号を取得するのが一般的です。

政府は、オーストラリアの教育機関で教育を受ける若者に学生ビザを発行しています。コースや教育機関を選ぶ際には、CRICOS(Commonwealth Register of Institutions and Courses for Overseas Students)に認可されていることが重要です。そうでなければ、期待する最高水準の教育は保証されません。留学生の教育の質とウェルビーイングは、最高レベルの知識と最高の経験を保証するために、常に監視され、最先端の基準に照らしてチェックされています。留学生は法律とESOS(留学生のための教育サービス)法(2010年)によって保護されています。

教育省は、「学習と教育の質指標(Quality Indicators for Learning and Teaching)」と呼ばれる非常に便利なオンライン・サービスを開発しました。ここでは、国内外の元留学生および現役留学生が提供するオーストラリア留学に関する最新情報(教育経験、就職成功率、おおよその給与など)を見ることができます。このポータルサイトにアクセスして、あなたの期待とオーストラリアの教育事情を照らし合わせてみてください。

オーストラリアでの奨学金

オーストラリアは、国際的な奨学金プログラムに年間2億豪ドル以上を費やしています。国の助成金、奨学金、奨学金は、あなたが夢の教育を受けるために多くのお金を節約するのに役立ちます。自分の専攻分野や研究目標に合った奨学金を探す必要があります。最も人気のある3つの奨学金は、International Postgraduate Research Scholarship、Australia Award、APEC Women in Research Fellowshipです。適切な奨学金が見つかったら、奨学金提供者(教育機関)に直接申請することができます。

インターンシップ

大学在学中に知識を磨き、ユニークな実務経験を積みたいのであれば、オーストラリアはあなたのキャリアをスタートさせるのに最適な場所です。インターンシップは、教育機関での就労から同業他社での就労、有給の仕事から無給の仕事まで、臨時雇用のさまざまな選択肢を包含しています。先進国で専門的な経験を積み、英語を磨き、スキルを磨き、新しいスキルを開発し、影響力のある優秀な人々とつながり、長期的な仕事をするために国に戻るという評判を確立することは、オーストラリアが毎年多くのインターンを惹きつける理由のほんの一部に過ぎません。

政府は、オーストラリアでの滞在にさまざまな条件を課す学生ビザや雇用ビザをいくつか設定しています。例えば、滞在期間、インターンシップの強度(週に何時間働けるか)、労働に対する報酬の有無などが規定されています。ビザを申請する前に、ビザコンサルタントと長所と短所を比較検討し、最も快適なビザソリューションを見つけましょう。

職業教育訓練

休暇を有意義に過ごしたいなら、オーストラリアにはたくさんの職業訓練コースやプログラムがあります。オーストラリア政府は、各州の教育機関や産業界(小売、建設、鉱業、運輸、医療など)と協力し、経済のあらゆる分野で外国人労働者や学生を対象とした職業訓練を開発、資金提供、実施しています。オーストラリアの職業教育訓練コースは、毎年23万人以上の留学生を受け入れている。

このようなトレーニングに参加することで、実務経験から専門分野のあらゆる角度を知り尽くしたエキスパート講師から学ぶことができます。このような研修の焦点は、理論(最先端の形でも提供されるが)ではなく、現場での研修や専門家の指導によって達成される実践的な知識である。VETは、受講者の現在の専門知識レベル、訓練期間、示された結果に応じて、さまざまな種類の卒業証書や修了証書(I~IV)を提供する。オペレーターからスーパーバイザー、ジュニア・マネージャーまで、幅広い資格を取得することで、キャリアアップを図ることができます。

オーストラリア人の学業成績

その国で知識がどれだけ評価されているかを示す確かな指標は、その国が世界に与えたノーベル賞受賞者の数である。これまでにオーストラリアは15人のノーベル賞受賞者を輩出している。Wi-Fi、航空機のブラックボックス・レコーダー、ペニシリン、超音波など、この国の受賞者、エンジニア、科学者たちは、世界の驚異的な技術革新に多大な貢献をした。

教育学的アプローチの多様性、州間の規制の多様性、国家カリキュラムの一般的価値観の統一性により、オーストラリアの教育は多様で効果的であり、多様な外国人グループのニーズを満たすことができる。政府は最高水準の教育を維持し、留学生の福利に配慮している。実践的な学習と協調性を重んじるオーストラリアの教育システムは、今日のグローバル化した世界で活躍するために不可欠な、競争力のあるスキルと知識を提供します。

オーストラリア・ビザ取得のサポートが必要ですか?

関連トピックは以下を参照:
jaJapanese
今すぐ無料オンライン・ビザ診断を受ける - あなたのプロフィールを基にビザ取得の資格を調べましょう。

今すぐ無料ビザ審査を受けてください!

シンガポールへの旅の鍵を開けよう-専門家とあなたのビザの資格を評価しよう。

無料査定!

× Whatsapp Now!